挑戦してみます笑

makotako.exblog.jp

カテゴリ:◆お出かけチェンマイ( 46 )

チェンマイ★ホテル買いませんか?!

b0128737_19332756.jpg今日は遠足♪

ちょいと郊外のプチリゾートへ行ってきました。
(プチっていうサイズではないな、ヴィラが20棟もあったわよ)



自然いっぱい、林の中にたたずむリゾートです。















b0128737_19341892.jpg
もし気に入ったら、買ってもいいよ!?って・・・・・


いぇいぇ。結構ですよぉ。





でも、YOGAとかデトックスのリトリートとか、何か企画したらおもしろそうだよね。
















なんせ、自然いっぱい。

というか自然しかない。なんにもない。そこがよい。


b0128737_1935328.jpg
かわいいホテルでした。




買いたい方、いらっしゃいましたらお声掛けて下さい。笑
(いや真面目に買えるそうですよ)

[PR]
by m_akotako | 2011-03-31 19:43 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★田んぼ

縫い子さんの所へ、新作マットバッグを受け取りに行って来ました。

チェンマイも、ちょいと街から出るとこんな風景が広がっております。
b0128737_1741642.jpg

b0128737_1753488.jpg
畦道にはガァガァガァー♪ お尻フリフリかわいい行進。

私の心の原風景? こういった景色に触れると「ここだー!」と実感するのです。
きっとわたしの先祖さまもしくは前世は、チェンマイに縁があったに違いない。





チェンマイが大好きなのです。
loka samastha sukhino bhavanthu






b0128737_1783651.jpgそして出来た新作☆Good(≧ω≦)b
いい出来です。ありがとネ。
[PR]
by m_akotako | 2010-09-15 17:11 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★The Chedi で素敵時間


b0128737_821585.jpg
素敵なホテルだからここに泊まってみなよー♪と強く両親にプッシュしたホテル・The Chedi 。
アマン・GHM系のホテルがワタクシ大好きなんですの。

b0128737_8501066.jpg

蓮のたたみ方講習会・笑。けっこうみんなはまってた♪
     before
b0128737_8344433.jpg

     ing
b0128737_835263.jpg

     after
b0128737_8424024.jpg


本日チェックアウト。今日も楽しみますよーvb0128737_82403.jpg
[PR]
by m_akotako | 2010-08-12 08:46 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★両親と温泉だよ

b0128737_9453638.jpg



先週木曜から両親が初めてのチェンマイ訪問。
飛行機の乗り継ぎに不安な両親を、地元北海道からここチェンマイまで同行してくれたUちん。
まったく、こんなありがたい友って!!!!!

そ~れ~な~の~に~~、ワタクシ土曜から月曜と入院・手術してました。
無事退院しましたので、やっとみんな揃ってお出かけ♪
車&運転手を用意してたので、マイペースにのんびりとサンカンペーンまで温泉詣でに行ってまいりました。

足湯につかってビールを飲んで父は超・ご機嫌☆ 母も友人もすっかりリフレッシュ☆☆
途中のシルバーショップでアラフォーの娘は父にバングルをねだるに成功v
(いつまでもこんな娘ですみません)
とってもお気に入り。ずっと大事に使わせていただきますよ、お父さん!

私が三日も空けてしまった間、すっかり私の友人と両親は家族になってました笑。
Uちん、ありがとね。父さん、母さんもホントにありがとね。

さ、明日は象さんに会いに行きますよーーー。そしてもう帰国だね。
今日は、素敵ホテルで優雅に過ごしましょう。

では、いざ出陣。
[PR]
by m_akotako | 2010-08-11 10:06 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★ミクロな日

ダーマTTの余韻?
久しぶりに朝の瞑想を復活してみたり、ちょっぴりビーガンライフしていると、、、
目線がミクロになることがあります。
お寺で瞑行続けているときにも同じようになったのよねー。

ミクロな日。なんだか楽しい日なんです。
ちっちゃいものに目が行くってなんだかいいよね。

そんな日に撮った写真はちいちゃなお花ばかりでした笑。

b0128737_14185378.jpg
b0128737_14192324.jpg
b0128737_14194480.jpg
b0128737_14202940.jpg

[PR]
by m_akotako | 2010-05-28 14:09 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★もはや滝めぐり笑

b0128737_12395755.jpg
はい、またも滝に行ってまいりましたーーー笑。
今回は車を調達し、6名でのお出掛け~。
b0128737_1247970.jpg


何の根拠か存じませぬがタイで二番目に美しいと言われる「メーヤっ」の滝でございます。

一緒に連れて行った友達の姪っ子Chan達は「温泉かっ?」てツッコミたくなる位水と戯れております。
b0128737_12384229.jpg

大人たちはこの通り笑。
b0128737_12452311.jpg


やはりタイで二番目というのは本当なのか?
確かに美しい滝でございました。
b0128737_12415664.jpg

[PR]
by m_akotako | 2010-04-16 12:48 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★今年もパレードに行けず.....songkran



チェンマイ遊びのバイブル
「たっぷりチェンマイ」by岡本麻里さん&古川節子さん
この表紙のパレードが本日行われる(行われた、はず。)

結局、去年に続き今年も行けなった><

起きたの8時半だったし。。パレードは早くに始まるのよね。暑いから?







街はこんな状況だし。。。(またしてもヒトの情報をお借りする。)



洗濯掃除も終わったことですし、そろそろ水鉄砲持って繰り出しますかねぇ=3


日本のみなさま普通の日だとは思いますが笑、素敵な時間をお過ごしくださいませ。
タイのみなさま、さわっでぃーぴーまいかー♪
[PR]
by m_akotako | 2010-04-13 12:24 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★真っ向勝負ソンクラーン

ソンクラーン真っ只中突入。

本日Chang店長のワタクシは瞑想クッションの受取に出掛けなくてはならず・・・・・水掛激戦区に工房があるのでドキドキしながら出掛けた。
やっぱり水掛合戦バンザーイそれそれそれそれ~~~状態で大変でした。

写真を撮りたいけれどあの中でカメラを取り出す勇気がございません。。。。。
なので参考資料を.........笑。


ソンクラーン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

2007年ウッタラディット県ムアンウッタラディット郡のクンタパオ村におけるソンクラーンの水掛の儀式。非常に伝統的なスタイルの祝い方で、年少者が年長者の手に少量の水をかけ敬意を表している。ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、タイにおける旧暦の新年である。現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。

また、ソンクラーンの前後約10日間はテーサカーン・ソンクラーン(ソンクラーン期間)と呼ばれ、休日ではないが祭典が行われることがある。

もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。このため日本では(タイの)水掛け祭りという言い方もする事がある。

なお、同じ趣旨の祭日がミャンマーやラオスにも存在する。ミャンマーに関してはの旧正月に関してはシンジャンを参考のこと。

日付 [編集]
ソンクラーンの語源であるサンスクリット語のSankrandhiは「変化・移動」を意味する言葉である。この場合、これは天文学的に太陽が白羊宮(おひつじ座)に入ることを意味する。前述の通り現在日付は固定されているがもともとは毎年変わる物であった。

伝統的にソンクラーンは正月の意味合いが強かったが、1888年以降はこの暦が廃止され、4月1日(西暦)を新年と定めることになったため正月の意味が薄れた。1940年にはグレゴリオ暦を導入し、仏暦を修正したことにより、1月1日(西暦)が元旦とされた。一方で、ソンクラーンに行われていたお清めの習慣は現在まで存続し、もう一つの正月として機能している。なお週末とソンクラーンが重なった場合は翌週に振り替え休日が来ることになっている。

なお、仏像のお清めなど宗教的なことも行われるが、仏教の祭日ではない。

概要 [編集]
もともと、正月であったため、帰郷の時期と言う意味合いが強い。また、連休であることや都会に出ていた家族が戻ってくることなどから一家総出での旅行も少なからず行われる。このため、国内の交通や観光地の宿泊施設は飽和状態になる。一方、商店やオフィスも閉じるため、通常日に賑わっているところは閑散とする。

基本的には、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをし、相手に敬意を示す。また、家の大掃除も行われることがある。

近年では、ソンクラーンが一年でもっとも暑い時期に行われることなどから、特に若年層を中心に、単なる水掛け祭りに変質している。この「祭り」においては見ず知らずの相手にさえ水を掛け合う。この場合、水を掛けるところは手のみに限定されず、水をかける行為自体「敬意を払う」ため無礼講状態となる(ただし、僧侶には水をかけない)。水の掛け合いには水鉄砲を用いる。他にも、家の前に水の入ったドラム缶を置くあるいは家の前までホースを延長させ、道行く人に水をかけたり、ピックアップトラックの積み荷部分に水の入ったドラム缶を載せ、町中の人に水をかけまわっている例もある。また、水を積んだ対向車同士での派手な掛けあいもよく見られる。さらに、冷却効果を高めるために、メンソール配合のベビーパウダーを溶かした水を掛けることもある。この水掛けは全国で行われているが、北部のチェンマイにおける水掛けがもっとも派手なものとして知られる。

一方、この様な無礼講の祭りによる問題も多数発生している。ソンクラーンの期間中には人々がお祭り気分に包まれるため、酒気帯び運転が多くなると言われている。また、走行中の車・バイクに水をかけることも多く、水を被ってバランスを失った酔っぱらいドライバーが事故を起こすこともある。このためタイにおいてはソンクラーン期間中が一年でもっとも事故数・事故死者数が多いとも言われる。さらに、「祭り」であるため法律で保護されており、この期間中に水を被って何らかの被害にあっても、損害賠償を請求することが出来ないと言う問題もある。

この問題は政府も大きな関心を示しており、毎年、ソンクラーン期間中は飲酒運転を警戒して臨時の検問所の設置を行ったり、ドライバーにはスリップのリスクを回避するため、速度をゆるめて運転することを呼びかけている。一方で水掛けを行う人には節度をもって参加するようにも呼びかけているが、あまり効果が上がっていない。このため、過去には、バイク・ドライバーにとっては命取りとも言われている高圧の水鉄砲の販売禁止を政府が目論んでいたこともある。



こんなお祭りなんです。長っ!笑。
ま楽しんだ者勝ちですから、
私は真っ向から立ち向かい水被りまくり&掛けまくり~、やってますv

氷入りの水をかけられるとムカっとする?けど結構楽しいのよ~~~。という訳で明日もソンクラーンだす。
[PR]
by m_akotako | 2010-04-12 18:51 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★メーサwaterfall

b0128737_12334564.jpg
またしても滝に行ってきました。
今度はもうちょっと遠出してメーサの滝でございます。札幌からの友人も一緒でございます。
森林公園の様な呈してまして、入り口で入園料を入って奥へと進みます。

・・・・・奥へ進めば進むほどヒトがおりました笑。

b0128737_12332476.jpg
ほんっとチェンマイのヒトは水辺が好きなのね。

b0128737_12362654.jpg
この滝には打たれたいと思いつつ今回は辞退。というのは、さんざん服着たままで川に入って水遊びやら滝すべり(普通なら考えられないよね?でも暑いからすぐ乾くので問題ないのーv)して空腹な私たちは食べ物を求めていたのです笑。

次回は是非ともやりますともーvv
[PR]
by m_akotako | 2010-04-10 12:30 | ◆お出かけチェンマイ

チェンマイ★山歩き@ドイプイ

はろはろー。
連日ドイステープづいてます。。。
今度は山歩きに連れ出されました(気乗りでないのがわかります?笑)。
b0128737_221806.jpg

ドイステープを超え、王様の庭園も超え、モン族の村を越えると「ドイプイ登山口」がございます。
そこから山に入りましょう。
はい私、勘違いしてまして身軽な格好&足元はクロックス。
言いだしっぺのオージーメンはがしりとした靴をはいていますが、そそのかされて(?)連れ出された他の道連れコンタイ(タイ人)二人はサンダルです。。。

あっと言う間にサミット=山頂です。

ならば戻ろうよ。。。。。



さらに奥へ進みます。だんだんウォーキングハイで楽しくなってきました?!

しかしここでオージーこんな事を言い出します。
「僕は初めてこの山へ来た時エクスプロー(探検というか道を探ったんでしょーね)を楽しんだんだ。今回は僕は道を教えないから順に君らがリーダーになって道を進んでよ。ウッキー嬉

もじもじしているタイ人を待てずに私が歩き出します。
最初はこんな風景で大層気持ちよかったです。確かに。。
b0128737_22205047.jpg


しかし!!!
今チェンマイは酷暑季です。乾季です。
土はカラカラ。木々は自らを守る為冬眠の様に乾季篭りで葉を散らせます。
即ち下り道はからっからの土の上に10センチはあろうかという枯葉の道なんです。
あーーーーーーー怖かった。いくらスキーが得意な私でも枯葉道は滑れません。いや滑ります。転びます。立てません。涙ぁ。


やっと降りた地点でオージー曰く
「ここから登山口まではとっても遠いんだよ。僕はいつもあのさっきの大きな木の所で右に曲がるんだ。さ、急がなくては大変だ。あと15キロはあるよ」

?????!!!
やっと山を降りた(ここまでに3時間です)のに、ここからさらに15キロ歩くんですかーーー。

はいウォーキングハイなので平気です。
走り出したいくらいです。

でも心のどこかは引っ掛っている。。。。。(先に言ってくれ)

途中モン族の方のピックアップ(後ろが荷台の車)に便乗させてもらっても、私たちが戻りたいところまではまだまだあるのです。。。

はぁぁぁ。

ま、無事に戻れましたv





帰り道、バイクで山を降り街に近づくにつれ、熱気が増し空気が汚れていくのが実感されまして~。


ハードだった山歩き。
息も上がった位いっぱい呼吸したし、カラダの隅々まで新鮮な空気を染み渡らせた。え~リフレッシュしましたともぉw
即ち、サンキュー。オージーフレンドよ。

でも次回誘われても行くかどうかは・・・・・・・
[PR]
by m_akotako | 2010-03-29 22:44 | ◆お出かけチェンマイ