挑戦してみます笑

makotako.exblog.jp

修行44日目★うっぷ・・・降参

な、なますててて。

昨日は珍しく雨、雨、雨。
リクシャに乗って夕方のヨガに行くのに躊躇。だっていつ土砂崩れするかわかんないんだもん。
という訳で昨日は、のんびりしてました。

今朝は、朝食抜きで9:30にクリニックに来るように言われてたのでそのように。
今日は「ヴァーマナ(催吐法)」です!

ナメてましたゎ、降参でした m(V V)m。



クリニックに着くと奥の部屋に案内され、
生ぬるくて、甘いようなしょっぱいような(多分両方の味がしてる)ハーブの液体を大きなコップになみなみと注いで渡されました。

看護婦「飲みなさい」
ごくごくごく。

先生「もっと早く」
ん、ごくごく、んー、ごくごく、よいしょ、ごくごく。

先生「早く飲んで胃から喉まで液体でいっぱいにするんだよ。急いで飲みなさい(笑顔)」
んんん、ご、ご、ご、ごくり、ごく、ごくり。もう喉を通りませんーーー。
それでもやっと飲んでも次、飲んでは次と渡されて(地獄よ!)3杯飲みましたわよ。

なのに!
看護婦「次はこれ」と渡してくるのー。涙。
茶色の液体、コップ3分の1程。こっちは酸っぱくて苦い。
ご、ご、ごくん。よいしょっとごくん。ふぅ。ごく。ごく。はぁ。

看護婦「はい、これね」また最初の生ぬるい液体を渡される。
もうこの頃から、自分の体を制御できない(いつ噴き出すかの)恐れが私を占めてたよ笑。

私「まだ飲むの(かなり涙目)?」

看護婦「(コップを覗きながら)んー、これで最後よ」
途中、噴き出しながら(一回目噴き出した時から場所はトイレに移って、トイレで飲まされた笑い)飲んだよぉーーー。ここまで来ると早く吐きたくて仕様がない。

先生「よしOK。指を突っ込んであーだこーだ・・・説明中」

先生の説明も待たずに吐かせて頂きましたm(_ _)m
何度もガバーっと。涙も胃液も鼻水も全部。


あ~づかれだ。

その後、ベッドに横になって看護婦さんにやさしく体をさすられて、ワタシ史上最高に美しいシャバアサナ笑。
吐く時って全身に力が入るからその後の弛緩状態はきっとよいのだろうな・・・なんて考えながらお休みしてました。

マッサージの後にいつもくれるハーブティ、今日は生ぬるい液体の匂いと同じに感じて飲めませんでした。

今日も、夕方のヨガには行かずのんびり過ごします。

でも明日はアビヤンガ(オイルマッサージ)の日。こちらは極楽なのよね♪

パンチャカルマ・・・ナメてかかってはいけません。真剣に挑みましょう。ナマステ
[PR]
by m_akotako | 2008-05-17 18:00 | rishikesh@インド