挑戦してみます笑

makotako.exblog.jp

Leoたん、骨折(´・_・`)

全くもって私とフォイの不注意で、Leoたん(トイプー♀3才)の前脚を骨折させてしまいました。


-----

昨夜、カフェを早仕舞いしてお姉さんの家へ行こうとしてた折の出来事で。
速攻、24時間体制のチェンマイ大学獣医部へ行ってレントゲン。
ぐっ><、ぽっきり折れてたよぉー。

-----

b0128737_15521354.jpg


とりあえず、プレートで固定する手術をするのだけれど、明日以降となるので、とグルグル巻きに固定されて、痛み止めも打ってもらい、少し落ち着きを取り戻したLeoたん。

-----
そして、今朝。
大学病院から電話で「やっぱり今日はスケジュール的に手術できない」との連絡があり、かかりつけで安心の別の獣医さんへ行きました。

すると、いつもの若い先生でなくベテラン風の先生が診てくれて、しかもその先生、英語が上手で説明もよくわかって良かった。結局、今日の午後に手術してもらえることに。(というかただ今、手術真っ最中)

フォイは医学的な知識がないから、先生からタイ語で説明受けてもそれを私に伝えることが出来ず、先生にはタイ語と英語で二回説明してもらいました。



とっても痛そうに鳴くLeoたん。
本当にごめんよー。これからの治療、完治まで半年くらいかかるでしょうが、最善を尽くしたいと誓います。


さて、閑話休題なのですが。
昨夜の夜間救急に、成猫にはまだ早いネコちゃんが訪れていました。
なんと、首元に太くて長い釘(10cmくらい)が刺さっているのです!!!!!

レントゲンを見ると、それは脊椎にも達しているようだし、内臓にも刺さっていそうな.....
そしてお医者さんと家族で何やら話し込んでいて。

随分、長いこと話しているなぁと思っていたら、フォイが
「手術しても成功の確率は50%。しかも手術代は3000バーツ掛かるのだけれど、家族は2000バーツしか持っていないって言っている」 と。

すかさず私たち、「あの.....1000バーツ払わせてください」と申し出ました。
手術することが決まったようです。

(お金の方は、結局、だれか身内の方から借りられることになったのでと辞退されたのですが)


ネコに釘? どうやったらあんな長いものが奥まで刺さるの?? 恐ろしい狂気な事件。
信じられない! 許されない!!  怒りやいろんな思いでいっぱいになりそうですが、私たちもLeoの事で手いっぱいでお先に失礼しました。
どうなったんだろう・・・ きっとあの子も今日手術だろうなぁー。


Om apvitraha pvitro wa
Sarwa vusthang gatopiwa
Yaha smret pundrikakshan
Sa bahyabhyantrha suchihi
om om om
[PR]
by m_akotako | 2013-02-15 16:30 | ◆暮らすチェンマイ